トレード

【中級】FX短期トレード手法<成功率が高い逆張りを解説>

FX短期トレードの技術的なことを書いておきます。

ポイントは、

「微妙な底値切り上げ」で買いエントリー。

個人的に好んでいる手法なので、参考までに。

 

底値切り上げに注目

 

このチャートはドル円の30分足です。

まず、

赤枠に注目。底打ち二回です。

ここが「買い」のエントリーポイントになります。

そこで、よく見てもらいたいのですが、

一回目と二回目を比べると底値の切り上げが発生しています。

 

 

この「微妙な切り上げ」が重要なポイント。

微妙ではなく、普通の切り上げは、なるべくスルーします。

もし、二回の底値が全く同じであれば下抜けてしまう可能性が高いので、「微妙な切り上げ」が発生していなければ、エントリーは見送り。

 

常に下髭に注目

 

赤枠の陰線に注目です。

下髭を伸ばした後に、下髭半値戻しの陰線。そして陽線です。

このチャートの形になると、底打ち二回する確率が高いので注視。

つまり、

この赤枠のポイントでチャートを注視し、二回目の底打ちで「微妙な切り上げ」が発生していたら「買い」エントリーです。

 

1日足(長期足)を基準に

 

短期トレードのポイントとしては、1日足(長期足)の値動きを、しっかり頭に入れておく必要があります。

赤枠に注目してほしいのですが、

先ほどの30分足と同じく「底値の切り上げ」が発生してますね。

 

 

一週間から二週間(10本くらい)の足を基準に「底値の切り上げ」が発生しているのを必ず確認。

長期足を基準に短期トレードする場合は、切り上げの確認のみでオッケー。

長期足に関しては「微妙な切り上げ」に拘る必要はありません。

 

まとめ

 

成功率が高い逆張り手法は、

✔ 底値切り上げを注視

✔ 強すぎない「微妙な切り上げ」を探す

✔ 長期足(1日足)と短期足(30分足)はセットで分析

※最近の値動きの傾向として、「微妙な切り上げ」で「買いエントリー」したほうが成功率が高い。切り上げが強すぎると反発して、そのまま下落する。

 

という感じですね。

あとは練習です。

 

松原真司

—–関連記事—–

初心者&中級の人向け【FXと株について】

【節約術】FX専業やるなら絶対必要

【FXを始める準備】賭け事に慣れる努力が必要

【超重要なコツ】専業FX短期トレーダーになる方法【中級者くらいの人向け】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中