トレード

【仮想通貨/暗号資産】XRP(リップル)保有者向けのトークン付与、国内対応の可能性

Sparkトークンについて、国内の仮想通貨事業者12社が協力体制にあるようです。

コインポスト記事を引用します。

参考までに。

国内の仮想通貨(暗号資産)事業者12社(オブザーバー1社)は25日、XRP(リップル)保有者への「Flare Networks Sparkトークン付与についての対応」について、共同声明を採択した。

声明によれば、「Sparkトークン付与については、顧客資産保護、顧客メリット最大化を目的として、国内事業者12社(オブザーバー1社)で協調し、Flare Networksとの協議を行なっている。」交渉に進捗があり次第、参加各社のお知らせサイトより、適宜アナウンスを行う。

CoinPost


とのことです。


現段階ではまだ分かりませんが、

日本の取引所でもSparkトークンの対応は可能になるかもしれませんね。

20年12月12日のスナップショット(権利確定日)を基準にトークン配布が行われる予定。Sparkトークンの受け取る資格を持つユーザーにはまず保有するXRPトークンの15%に相当するSparkトークンが付与される予定で、残りの85%のSparkトークンは最低25ヶ月、最大34ヶ月の期間にかけて、順次分配する計画を発表している。

CoinPost


つまり、

12月12日の権利確定日から約3年かけてSparkトークンが付与されるということ。

まずはXRPトークンの15%に相当するSparkトークンが付与されます。

現在の価格<XRP>

USD 0.57000 前日比▽-9.54%

2020年11月26日13時10分時点

まとめ

XRPは保有するべき

XRPは他の仮想通貨(暗号資産)に比べると送金手数料が格段に安いです。さらにSBIがeスポーツ分野に力を入れていることから、XRPの将来性が期待できます。

今回話題になっているSparkの価値は全く不明ですが、ただ同然で貰えるものなのでリスクはありません。

リスクがあるとするならば「権利確定日までXRPを保有していたことにより暴落に巻き込まれる」というところでしょうか。


松原真司

—–関連記事—–

【仮想通貨】XRPの将来性

【事実】仮想通貨(暗号資産)の高騰背景

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中