トレード

【FX】刺激が欲しいならポンドル(GBP/USD)推奨

ボラティリティが低いときは、ポンドル(GBP/USD)でトレードしましょう。

刺激があるので、ドル円トレードにマンネリ化してる人にはお勧めです。

最近のポンドルトレードは、こんな感じです。

GBP/USD、1.33976でショートエントリー。SL:未定/TP:未定

GBP/USD、1.34195くらいでショートエントリー。ポンドルは難しい

ポンドルは底値、高値が不明


ポンドルのテクニカル分析はかなり難しいです。


テクニカルを使い、高値らしきポイントを発見しても基本的にガセ。

なので、ロット管理がかなり重要になってきます。


ドル円トレードの感覚でロット管理していたら、即退場になります。




ポンドルトレードのコツは、まずロットの管理。

ファンダ分析で全体の方向性を頭に入れ、
ドル円トレードで使っていた時間軸よりも長期足でエントリー。


巷では、超短期足でエントリーするのが正解といわれていますが、
長期足でのエントリーのほうがメンタル的に楽。


そして、トレードスタイルはスイングよりのスキャルピング。

つまり、スイングトレード予定でスキャルピング。
これが一番上手くいくのではと、個人的に思っております。

気を付けること

〇 基本的に底値と高値はガセ

ポンドルは刺激が欲しい人向け


ポンドルは基本的にボラティリティが高いので、
ドル円が動かない時でも使える通貨ペアです。


ただ値動きがかなりトリッキーなので、
短期目線だと即狩られたような感覚に陥ります。



1分足くらいのチャートで超短期トレードしたことある人は分かると思いますが、
値動きが普通ではありません。

なので、刺激はかなり強めです。

気を付けること

〇 FX初心者はドル円を基軸にトレードすること

まとめ


安定的に短期トレードで利益を出したいのであれば、ドル円トレードがベスト。

しかし、

ドル円はつまらなさを感じてしまうと過剰ロットになりやすい。

過剰ロットになるのであれば、ポンドルで小ロットのエントリーしたほうが勉強にもなりますし、
良い刺激にもなるという話でした。


松原真司

—–関連記事—–

【FX初心者向け】底値を見極めるコツ<逆張りタイミングを解説>

【FX初心者向け】利益を伸ばす方法<結論→利食いしない>

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中