トレード

【マレーシア首相発表】RMCOは12月31日まで延長<エアアジアCEOは国境再開を求める>

8月31日に終了予定のRMCOは12月31日まで延長が決まりました。

国境規制解除は、しばらく先になりそうです。

 

The Edge記事を引用します。

 

The Recovery Movement Control Order (RMCO) has been extended until 31 December 2020, said Prime Minister Tan Sri Muhyiddin Yassin.

According to him, with the extension of the RMCO period, enforcement action under the Prevention and Control of Infectious Diseases Act 1988, or Act 342, could still be taken.

“This is to ensure that all parties comply with the Standard Operating Procedures and health protocols set,” he said in a special message on the latest developments of RMCO which was broadcast on local television.

The Edge

 

RMCO期間の延長により、1988年の感染症予防および管理法、または342法に基づく執行措置が依然として取られる可能性がある。

 

国境について。

Reopening the borders will be the last thing for the Government to consider in its fight against COVID-19 to prevent new transmissions in the country, said Senior Minister (Security Cluster) Datuk Seri Ismail Sabri Yaakob.

He said the Government had previously mulled over opening the country’s borders to allow entry of foreign workers from Thailand and Indonesia but had to put it on hold following the current COVID-19 situation which saw many imported cases being reported.

The Edge

 

国境を再び開くことは、国がCOVID-19との戦いで国内での新しい感染を防ぐために検討する最後のことになると、イスマイル・サブリ大臣が述べた。

タイとインドネシアからの外国人労働者の入国を許可するために国境を開くことを検討していたが、多くの輸入事件が報告されている現在のCOVID-19の状況を受けてそれを保留にしなければならない。

 

グリーンゾーン諸国からの入国は再検討。

He was commenting on AirAsia Group CEO Tan Sri Tony Fernandes’ call for ASEAN leaders in green zone countries to consider reopening their borders.

Ismail Sabri said at the moment, no country can be considered as COVID-19 green zones.

He said the Government had previously identified six COVID-19 green zone countries for conditional reopening of international borders namely Singapore, Brunei, New Zealand, Japan, Australia and South Korea but it will be reconsidered after several countries including South Korea and Australia recorded an increase in the number of new cases.

The Edge

 

エアアジアグループのCEOであるタンスリトニーフェルナンデス氏が、グリーンゾーン諸国のASEAN指導者に国境の再開を検討するよう求めている。

イスマイル・サブリ大臣は現時点で、COVID-19グリーンゾーンと見なすことのできる国はないと語った。

以前、シンガポール、ブルネイ、ニュージーランド、日本、オーストラリア、韓国をグリーンゾーン国としていたが、再検討。

 

 

航空業界の今後が心配です。

松原真司

—–関連記事—–

【マレーシア株】エアアジアX Bhd(AAX)純損失が拡大<倒産の危機>現状のまとめ

【マレーシア株】バイオ銘柄DUOPHARMAは過去最高値<今後の富の流れ>

【マレーシア株】医療グローブ会社「CAREPLUS」がレンバウ不動産を所有する会社を買収

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中