トレード

【オンラインポーカー】ビットコインでの賞金受取が急増<BTC高騰の影響>


ビットコイン(BTC)の高騰で、オンラインポーカー業界に影響を与えているようです。

コインテレグラフの記事を引用します。

世界中の多くのオンラインポーカーウェブサイトをサポートするオンラインネットワーク、ウィニングポーカーネットワーク(Winning Poker Network、WPN)は、ビットコイン(BTC)支払に対する需要が急増していると報告している。 

11月19日のブルームバーグの報道によると、WPNのフィル・ナギCEOは、ポーカープレイヤーの95%が現在、その報酬をビットコインで受け取ることを希望しているという。

ウィニングポーカーネットワークでは2014年から、いくつかの仮想通貨をサポートしているが、ナギCEOは、最近のBTCの高騰によって引き起こされた需要によって、これまで以上に多くのBTCを購入する必要があると述べている。

「私たちはビットコインを調達する必要があります。しかもたくさん」と、ナギ氏は述べている。彼は、この最近の価格高騰の前でさえ、WPNは毎月1億ドル以上をBTCで支払っていたと推定している。これは、ポーカーネットワーク上の全取引の約60%にあたる。ナギ氏が言うように95%がBTC支払となっているとすれば、現在は月1億5800万ドル相当をビットコインを支払っていることになる。

コインテレグラフ


とのこと。



ポーカープレイヤーの95%以上が払い出しに法定通貨ではなく、ビットコインを希望していることで、業者が確保しておかなければならないビットコイン保有量の増加が問題のようです。

つまり、最近のビットコインはボラティリティが高いため、業者がビットコインで払い出しをする際、損することが多く、色々と計算が面倒ということですね。


オンラインポーカーへ入出金する際、規制があるので仮想通貨/暗号資産で処理をしたほうが共に楽なのは間違いありませんが、一方でボラティリティが高いという問題があります。これは今の時期、仕方のないこと。



さらに、仮想通貨/暗号資産に慣れているプレイヤー側からすると、ビットコインよりもリップル(XRP)のほうが送金手数料も安く、都合が良いのではと個人的に思っております。




というか、



ビットコインで入金したポーカーって複雑な気分になりますよね。

負けなければ、倍になってたかもしれないビットコイン。

負けたことによりビットコインごと全損。



実に面白いです。



松原真司

—–関連記事—–

オンラインポーカー入出金用に電子決済アプリを使ってみた結果【MuchBetter】

【ライブPoker勉強になります】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中