日々思うこと

【SWIFTとXRP】

SWIFT(国際銀行間金融通信協会)は1973年に設立し、提携する金融機関は世界200カ国に1万1000もあるが、送金スピードが遅く、コストが高いこと批判の的となっている。

リップル(XRP)は、送金完了に数秒しかかからず、「銀行はリップルを通して60~70%のコスト削減することが可能」。現在、リップルのxCurrentは100社以上の金融機関と提携。仮想通貨リップル(XRP)の利用が義務となるxRapidも10月に商業利用がスタートしたと発表された

参考記事→https://jp.cointelegraph.com/news/ripples-whale-the-tipping-point-will-be-when-visa-and-master-card-replacing-swift-with-ripple

SWIFTとXRPの特徴だけを比べてもXRPのほうが、やはり優秀ではないでしょうか。

来年の2月にSECがビットコインETF承認の判断をする事で、ビットコイン(暗号通貨)を信用していない層にも暗号通貨というものが浸透する。そして暗号通貨に興味を持つ層がさらに、暗号通貨の市場に入ってくる。

暗号通貨の市場が大きくなるということは、リップルの提携先が間違いなく増えていく。

そうなると提携先はXRPを保有しなければならないので、XRPの価値は必然的に上がる。

XRPを保有し続けるには根拠が必要。

ただ、ビットコインETFがSECに承認されなければ、機関投資家が暗号通貨の市場に入ってこなくなるので暗号通貨全体がネガティブになる可能性があります。

一時的に市場はネガティブになったとしても、暗号通貨の象徴であるブロックチェーン技術は本物。

本物は必ず世界に浸透する。

私はどんな事があってもXRPを保有し続けますよ^_^

松原真司(投機家j)

—————————————————————————————————
・有料note 
https://note.mu/shinji_j/n/n0df20b1b6f40
【私はKL在住FXトレーダー】

・FBの【TJSオンラインサロン】でトレードパフォーマンスの強化中です!
見せるトレードをテーマにしています!

VALU購入はこちら
↓ ↓ ↓
https://valu.is/shinji999

私のVALUを5VA以上保有して頂ければ、あなたをブログで紹介します。
商品の紹介なども可能なので、希望される方はご連絡下さい。

私のブログを使って何かお手伝いが出来ればと思います。

************************************************************************

2018.09.28 九州大学スペースデブリ観測人工衛星開発に30万円支援しました。

************************************************************************

twitter→ https://twitter.com/shinji6176

Facebook→ https://www.facebook.com/ShinjiMatsubara9999

instagram→ https://www.instagram.com/shinji6176/


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中