トレード

【FXブローカーの選び方】

FX=追証

まずFX口座を開設するには、ブローカーとの契約が必要になります。

 
国内ブローカーであればDMMやSBIなどが有名ですが、国外であればXMが有名ですね。

国内FXは日本語が対応していますし、トレード初心者にも分かりやすいチャート画面を表示させることが可能というところでしょうか。それに比べると海外FXは基本的に日本語対応していない。

しかし、最近は日本語が対応している海外ブローカーも増えてきているので、比較的簡単に口座を開設することが可能です。

注意しなければならないのは「追証」ですね。

追証とは急激な相場の変動による損失が生じて委託保証金、または委託証拠金の担保力が不足した時に、顧客から自動徴収する金銭。

FX取引というのは、ある一定の金額を契約したブローカーに預けることで、預けた金額以上の取引が可能になるという、レバレッジ取引システムです。例えば、1万円に10倍のレバレッジをかけたら10万円になります。

つまり、1万円で10万円分のトレードが可能になり、自己資金以外はブローカーが負担していることになります。

簡単に言うと追証とは、顧客の損失をブローカーが負担できない範囲。と言えば分かりやすいかもしれません。

基本的には顧客が入れた自己資金以上の損失が出ないようにブローカーが保証していますが、急激な相場変動などの場合はブローカーは保証できません。ここの部分を顧客が自己負担しなければならない部分になり、追証の発生となるわけです。

以上が国内ブローカーに多い、追証という制度です。

国外ブローカーは、この追証が基本的に無いのが特徴なんですよ。
追証ゼロ、ゼロカットシステム採用。などの謳い文句がありますね。

これらは全て追証が絶対に発生しないシステム。

FXを始めるのであれば、選ぶブローカーは余程のリターンが無い限り、追証無しのゼロカットシステムを採用しているブローカーを使うことをおすすめします。

国内も国外もどちらもメリット、デメリットがありますので自分の条件に合うブローカーを使うべきだと思いますよ。

無理のない範囲で各ブローカーの口座を開設して試してみるのも良いと思います。

口座開設は無料ですからね。

ちなみに私は最近イギリスのLMAXというブローカーでFX口座を開設してみました。
LMAXはヘッジファンド、プロップファームなどに提供している信頼のある会社です。

登録は全て英語なので、良い勉強になりますよ。

松原真司(投機家j)

—————————————————————————————————
・有料note
https://note.mu/shinji_j/n/n0df20b1b6f40
【私はKL在住FXトレーダー】

・FBの【TJSオンラインサロン】でトレードパフォーマンスの強化中です!
見せるトレードをテーマにしています!
https://www.facebook.com/groups/TJS.online.salon/
※VALU購入者限定です。

VALU購入はこちら
↓ ↓ ↓
https://valu.is/shinji999

私のVALUを5VA以上保有して頂ければ、あなたをブログで紹介します。
商品の紹介なども可能なので、希望される方はご連絡下さい。

私のブログを使って何かお手伝いが出来ればと思います。

************************************************************************

2018.09.28 九州大学スペースデブリ観測人工衛星開発に30万円支援しました。

https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/

************************************************************************

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中