日々思うこと

【海外に住む方法】

松原

日本から出て海外の文化を学ぶと
価値観が大きく変わります。

 

私は今のところ、
マレーシア在住と言っていますが
正確には日本とマレーシアで半在住です。

そのほうが両極端な考え方にならずに
冷静に物事を考えられると思うんですよね。
日本の良いところ、マレーシアの良いところ。
そして海外の良いところ。
半在住にすることによって
いろんな視点で国を見ることが
出来るんですよね。

まぁ本当の事を言うのであれば、
MM2Hビザの許可待ちなので連続的な滞在が
出来ないのが本音。笑

連続滞在が出来ないのであれば、
逆にこれはチャンスだと思うんですよ。

連続滞在が可能になってしまえば、
日本に戻る理由がなくなるため、
マレーシアから10年は日本に戻らなくて良くなります。

MM2Hビザが10年更新なので。

しかも日本にもどらず更新してしまえば
さらに10年が延長されます。

その頃は私は50歳を過ぎる事になるんですよね。

そう考えると、
連続滞在が出来ない理由があって
良かったと私は思います。

私は昔は海外に住もうなんて
考えもしなかったんですよ。

きっかけは海外旅行かもしれませんね。

初めての海外はグアムでした。
小型飛行機を操縦してみたり、
銃を撃ちまくったり。
酔っ払って海外で泥酔することもありました。

色々やりました。笑

日本では出来ない事をやれたので、
海外には知らない事が沢山あると
その時、初めて知りました。

24歳だったかな?

人それぞれ、きっかけというのがあります。
留学の経験があるかたは、
留学がきっかけかもしれませし、
海外転勤がきっかけになるかもしれません。

ちなみに私は大学には行っていません。
高卒です。

自分の材料はなにか。

自分はどんな材料を持っているのか。

材料とは家庭環境などで
大きく変わってきます。

しかし、間違いなく言えることは、
誰もが誰にも負けない自分だけの
材料があるということです。

間違いなくです。

自分には材料が無いと思っている人は
気が付いていないだけなんですよ。

よく自分について考えてみてください。

材料がある人と無い人の違いは、
自分と向き合えているか、
向き合えていないか。

これだけです。

たったこれだけの違いなんです。

とりあえず、
目の前にある材料をつかって
作品を作ってるだけ。

LEGOはやったことありますか?

人生とはLEGOのようなものだと私は思います。

適当に与えられたLEGOの部品で何を作るか。

何故、私はLEGOで例えるのか。
何故、私はLEGOを組み立てる事が出来るのか。

これは私の環境から得た材料のおかげです。

小さい頃、
私は母からLEGOを与えられました。

そしてLEGOで無から有を作る経験をしていました。

だからこそ、不可能は無いと考える事が出来ます。

人は誰もがオリジナルの経験を持っています。

 

経験とは接着剤です。

材料は既にあるのですから、
それを接着するだけ。

実はとても簡単な事なんですよ。

難しく考え過ぎてるだけです。

もう一度言います。

人には必ずオリジナルの材料があります。
その材料は経験という接着剤で、
接着する事が出来ます。
そこで完成したものは、
誰にも負けないものです。

今日の内容は私の考えの根底にあるものです。
よく分からない方は何度も読み返してみてください。

必ず何かに気付くはずですよ。

Shinji (投機家 j)

広告

カテゴリー:日々思うこと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中