日々思うこと

【他人のアドバイス】

シンガポール

人生は障害だらけと思ってる人に
伝えたい事があります。

障害と思っているのは、
本人以外の人であって
実際は障害なんて存在しないんです。

障害と感じる場合は
他人の価値観から見ての障害であって
障害と感じている本人は
障害ではないんですよね。

他人と比べる事が
障害と感じることに
繋がっているんですよ。

他人と比べるのは大切なことですか?

私は他人と比べることは、
全く必要ないものだと思ってます。

むしろ比べるものがあると
本領発揮が出来なくなります。

比べるということは、
妬み、恨み、嫉妬、焦り、
などの感情が生まれます。

これらの感情は人のやる気を
削ぐものであって、
決してプラスに働くことはありません。

一流は決して比べない。

比べても意味がないことを
知っているから一流になれます。

何が必要か。

何をするべきか。

これは本人にしか分かりません。

あなたの周りにいる人の
アドバイスは
あなたにとって、
あまり意味のないこと。

本質的に言うと
アドバイスというのは
アドバイスしたい人の自己満足です。

本当の答えは自分にしか
出す事が出来ないし、
自分で納得のいくことをしないと
失敗率が大きく上がる。

自分に一番詳しいのは
自分であって他人ではありませんから。

人生は障害だらけと思っている人は
他人と比べ、誰かのアドバイスを
待っています。

これが障害と感じる最大の原因です。

何度も言いますが
他人からのアドバイスは
全く意味がありません。

あるとするなら、
気休め程度のお経のようなもの。

アドバイスで救われた人がいるなら、
アドバイスに頼らなければ、
もっと救われていたはずですよ。

 

Shinji (投機家 j)

広告

カテゴリー:日々思うこと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中