日々思うこと

【小銭は追いかけてはいけない】

 

1200px-Heiwa_elementary_school_16

【小銭は追いかけてはいけない】


ランドセルを使ったことありますか?

小学生の時は誰もが使ったことのあると思いますが、
ランドセルって勝手に開かないように、
下の方にロックがあったじゃないですか?

あのロックをかけ忘れると、
下向いたときに中身が全部飛び出すんですよね。

分かります?笑

私は小学生の頃、下校途中の道で拾い物をしていました。
特に財布や1円や10円を拾うことが多かったです。

なにかを拾うことが多かったため、
ランドセルの中身を飛び出させていました。笑

ちゃんとロックをしたらいいんですけどね。

拾ったものは、
もちろん交番に届けていました。

本当ですよ!笑

財布の持ち主が見つかって、
御礼のお菓子を食べていた記憶があります。

昔話はこれくらいにします。

今日のタイトルは【小銭は追いかけてはいけない】です。

先ほどのお話を、経済的観念で考えてみると、
1円や10円を拾うために、
ランドセルの中身をリスクにさらすということになります。

どういうことかというと、
ランドセルの中身が1円、10円以内の価値のものなら
拾ってみる価値はありますが、
1円、10円以上のものが入っているのなら、
拾うのは控えましょう。
ということなんです。

つまり、リスクとリターンの考え方ですね。

大人の私たちは拾い物はあまりしない代わりに
収入というものがあります。

ランドセルのお話と、
大人の収入は経済的観念で考えてみると同じなんですよね。

ここであなたに質問です。

なにか物が壊れて修理する場合、
あなたならどちらを選びますか?

① 業者に修理を依頼し1万円を支払う。

② 自分で修理が可能なため、3日間かけて自分で修理を行う

私は迷わず、
①の【業者に修理を依頼し1万円を支払う】を選択します。

何故かというと、
私は3日間の自分の時間を開けるために
支払う1万円は経費と考えます。

3日間あれば1万円以上の価値を
自分で生めると確信していますから。

逆に確信がなく、自信がない人は
節約に走るのがベストですが、
節約だけを考えていると、
自分の限界値がどんどん収縮してしまうんですよね。

ですが、
年金生活などの人生の終盤に入っている方は、
節約し、守りに入ってもいいかもしれません。

リスクを望まない人もいますし、
ゆったりとした人生を過ごしたいという人もいますからね。

以上の考え方は、
あくまでも私個人の考え方なので、
考え方が届く人に届けばいいと思っています。

何かの参考になれば嬉しいです。

 

Shinji

広告

カテゴリー:日々思うこと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中