日々思うこと

【2025年問題】

img_jirei01

【2025年問題】

今、2025年問題というのが心配されています。

一昔前に【2000年問題】に名前が似ていますが
少し違います。

2025年問題を簡単に説明すると、
「人口減と超高齢化社会から引き起こされる、
日本破綻の危機」です。

これはどういうことかというと、
現在の日本で少子高齢化が進んでいます。
そこで考えなければいけないのは、
人手不足です。

若者がどんどん減っていき、高齢者だけが増えていく。
こうなってくると、年金の問題が出てきます。

年金制度は若者からお金を回収し、
高齢者に渡すというシステムですが、
少子高齢化が進み過ぎると、システム自体が破綻します。
たまにニュースでやっている問題ですね。

そうならないように、
国が対策を考えなければいけないのですが、
今のところ根本的な解決はされていません。

解決できなければ、どういうことになるのかというと、
あらゆるところからお金を回収しなければなりません。
つまり、増税です。

少ない若者から今より多く税金を回収しなければ
いけないということになります。

他にも国は、お金の調達方法はいくつかあるのですが、
今のところ現実的な解決方法は増税ですね。

これからの時代、
とにかく若者は多くの納税をしなければいけないのですが、
納税したくても収入がなく、納税できない人たちが出てきます。

出てくるというか、溢れてきます。

何故かというと、今までの時代に生きてきた会社は、
時代の進化についていくのに大きな体力を使っています。

特に大手の会社などは、
会社の舵をきるのがとても大変です。

舵をきっても、
すぐに方向転換ができないため一歩遅れてしまいます。

一歩遅れるがために、
舵きりに使った体力が無駄に終わることが多くなってしまいます。

その結果、大きな赤字となり赤字を埋めるため、
悪あがきをする。という結末になってしまうんです。

何が言いたいかというと、
一昔前までは大きな会社は安定している。
と言われてきましたが、
現在は時代が大きく変わろうとしています。

時代に必要とされている会社が残り、
時代に必要とされない会社は消える。

どんなに大手であっても時代に必要なくなれば、
消えてしまうということなんです。

それをわかっている人と、
わかっていない人が大きく分かれています。

わかっている人はそれなりの行動をとり、
わかっていない人はそれなりの行動を取る。
ということになります。

全ての答えは時代が進むことによって
答えがわかると思いますが、
分かってからでは遅いんですよね。

2025年問題とは「財政危機」です。
財政危機に巻き込まれないようにするためには
どうすればよいのか?

そして、今から出来ることは何か?

現代に生きる全ての日本国民が
考えなければいけないことだと思います。

 

Shinji

カテゴリー:日々思うこと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中